「実行速度優先」構文 *

なでしこの実行においては速度を犠牲にしても、エラー行の報告などデバッグ情報を生成しています。しかし、時には動作速度を優先したい場合もあることでしょう。

「『全て』の実行速度優先」構文を使うとデバッグ情報など入れないので動作の高速化が実現されます。

「全て」の実行速度優先
  #ここに速度優先のプログラム
ここまで。

指定オプション *

なお第一引数にはオプションを指定できます。

  • 全て ... 全ての速度優先オプションを指定
  • 行番号無し ... 行番号情報を指定
  • 暗黙の型変換無し ... 暗黙の型変換を行わない指定

参考 *