ハッシュ値計算時 (はっしゅちけいさんしたとき) *

カテゴリ

plugin_browser > ハッシュ関数

環境

wnako

種類

関数

引数

FUNCへSをALGで

説明

データSをアルゴリズムALG(sha-256/sha-384/sha-512)のエンコーディングでハッシュ値を計算して変数「対象」に代入する。

🔍貯蔵庫を検索 / 🔍マニュアルを検索 / 👓ソース

解説 *

『ハッシュ関数』とは入力データを一定の手順で計算し、入力値のデータの長さに関わらず、決まった長さの文字列を出力する関数のことです。要約関数とも呼ばれます。ハッシュ関数を使うと、比較処理、改ざんの検出、パスワードの管理などに利用できます。

ハッシュ関数を求める方法は複数あり、主なアルゴリズム(sha-256/sha-384/sha-512)のハッシュ値を計算できます。計算結果は変数「対象」に代入されます。

利用例 *

以下は「こんにちは」や文章のハッシュ値を求めて表示します。

   v3.3.56

参考 *

Konawiki3 v.3.2.3