セレクトボックス作成 (せれくとぼっくすさくせい) *

カテゴリ

plugin_browser > DOM部品操作

環境

wnako

種類

関数

引数

OPTIONSの

説明

配列optionsの選択肢を持つselect要素を追加しDOMオブジェクトを返す

🔍貯蔵庫を検索 / 🔍マニュアルを検索 / 👓ソース

『セレクトボックス作成』の詳しい解説 *

選択肢の配列optionsを指定して、セレクトボックス(<select>)を作成します。
返り値としてDOMオブジェクトを取得します。

利用例 - 簡単な利用例 *

選択する価を設定したり、選択している価を取得したりするのは、テキストの設定、取得で簡単に出来ます。

   v3.4.24

利用例 - マルチプルにする *

マルチプルセレクトボックスは、複数選択できるセレクトボックスです。(ctrlを押しながら選択)
この場合の選択された価の取得は、ちょっと面倒でした。
各オプションのselectedの価を参照しなければならないようです。
セレクトボックスは、配下のオプションに配列としてアクセス出来るので、順にDOM属性取得して参照し、オンかオフかで処理を振り分けます。

   v3.4.24

属性 *

  • select

プロパティ

内容

multiple

trueならば複数項目の選択が可能

size

表示する選択肢の数(1以上の正の整数)。1ならばドロップダウンメニュー、2以上ならリストボックス

disabled(無効化)

操作を無効にする

autofocus

自動フォーカスを指定する

value

選択されている(multipleなら最初の)option要素のvalue属性の値。

selectedIndex

選択されている(multipleなら最初の)option要素のインデックス。何も選択されていない場合は-1

  • option

プロパティ

内容

value

なでしこでは選択肢の項目名が自動的に設定されています

selected

その項目が選択状態か(true/false)

参考 *