チュートリアル / 最初の一歩 *

さて、これから「なでしこ」について学びましょう。世の中にはたくさんのプログラミング言語があります。その中でも「なでしこ」は母国語である日本語をベースにして作られています。そのため、英語をベースにして作られたプログラミング言語よりも容易に学ぶことができます。楽しくプログラミングを覚えることができます。

なでしこでプログラミングをはじめよう

プログラムとは? *

一般的に『プログラム』と言えば、運動会や演劇の「進行手順」を書いたものです。コンピューターの世界でも、コンピューターに命令するための進行手順を書いたものです。順番にどんなことが行われるのかを順番に記したもので、その点においてコンピューターのプログラムも同じです。

プログラミングは難しい? *

なお、映画やアニメのSFに出てくる『プログラム』は、でたらめな意味の無い記号の羅列であることが多いので得体がしれないものという印象がありますが、実際には、できるだけ分かりやすく書くものです。

『プログラミング』とは、プログラムを作る行為であり、『プログラミング言語』とは
プログラムを作るための言語です。プログラミング言語の進歩の歴史を見ると、いかに人間に読みやすく、メンテナンスを楽にするのかという点で発展してきています。なでしこも、どんどん簡単になるように改良しています。

初めてのプログラミング *

なでしこは、日本語をベースとしたプログラミング言語です。プログラミング言語は、一定の文法に沿ってプログラムを記述する必要があります。あくまでも、「日本語」ではなく、「日本語プログラミング言語」なのです。とは言え、なでしこは比較的、自然な日本語でプログラムを記述できるように工夫されています。

まず、一番簡単なプログラムを見てみましょう。[実行]ボタンを押すと、サンプルプログラムをブラウザ上で試すことができます。

   v3.3.55

上記のプログラムは、以下の二つの要素で成り立っています。

「こんにちは」と 表示
  • まず、カギ括弧でくくった部分です。「・・・」や『・・・』と書くと、それが文字列と呼ばれるデータを表します。
  • そして『表示』というのが、なでしこの命令です。この『表示』命令は一つのデータを受け取って、画面に文字を表示する命令です。

そのため、『「***」を表示』と書いた場合、「***」の部分に好きな文章を指定できます。

好きな格言を表示させてみよう *

それでは画面に好きな格言を表示させてみましょう。

   v3.3.55

実行すると「知恵は武器よりも価値がある。」と表示します。

「日本語」ではない「日本語プログラミング言語」 *

なでしこのプログラムは、一見すると日本語に見えます。そのため、非常にプログラムが読みやすいのですが、それでも自然言語の日本語とは異なります。決められた構文から外れたプログラムを書くと「エラー」が表示されます。この点を覚えておきましょう。

実際に入力して実行してみよう *

本チュートリアルのサンプルは、全てブラウザ上で実行されています。実際に以下の簡易エディタにプログラムを入力して、実行してみましょう。例えば、「こんにちは」の部分を「おはよう」とか「こんばんは」に書き換えてみると、表示されるメッセージが変化します。

   v3.3.55

なでしこの基本的な文型を確認しよう *

表示』と似た命令に『言う』があります。この命令は以下の書式で使います。「***」の部分に好きな文章を入れると、その文章をダイアログを出して表示します。

[書式]
「***」と言う。

使ってみましょう。以下は簡単な格言をダイアログに表示する例です。

   v3.3.55

なでしこプログラムの仕組み *

つまり、なでしこの基本的なプログラムは以下のような形式になっています。

[書式]
引数1+助詞1、引数2+助詞2、引数3+助詞3、命令。

次に進もう *

次回は、さらに計算について紹介します。

Konawiki3 v.3.2.3