なぜ、なでしこには、v1とv3があるの?

簡単に言えば、v3が新しいバージョンで、v1が以前からあるバージョンですが、『用途が違う』というのが現状です。

なでしこは、2004年に生まれてから、長らくWindows版だけが提供されてきました。それから15年以上が流れ、世の中は、Webアプリ・スマホアプリ全盛の時代になりました。

そこで、なでしこv3は、WindowsだけでなくmacOSやLinux、スマートフォン(iPhone/iPad/Android)、IoTデバイス(Raspberry Pi)とさまざまな環境で動かすことができるように開発されています。

なでしこv1 - Windows処理に特化

なでしこv1は、Winowsに特化しています。Windows上でバッチ処理を記述したり、アプリを作ったりするのに、とても便利です。15年以上継続して開発されてきたため、Windowsに特化した命令をたくさん用意されています。

なでしこv3 - Webブラウザやマルチプラットフォームに対応

これに対して、なでしこv3は、複数のOSやWebブラウザに対応しているため、汎用性の高いプログラムを記述できます。PC/タブレット/スマートフォンと端末を問わず動かすことができます。

また、なでしこv3のPC版は、Windows/macOS/Linuxとマルチプラットフォームに対応しています。ただし、2017年から開発が始まったこと、汎用的な命令に注力していることから、v1ほど痒いところに手が届く命令が搭載されているわけではありません。

結局どちらを選んだら良いの?

つまり、Windows上で、いろいろプログラムを作りたい場合は「v1」を。Webブラウザや他のいろいろな環境でプログラムを動かしたい時は「v3」を選んでください。

v1もv3も日本語をベースとしたプログラムを開発することができます。(ただし、v3になってから、少し文法が変わっています。)