なでしこ(1系)をコンパイルするまで

なでしこは、Delphi7でコンパイルできるようになっています。

なでしこエディタ(nakopad.dpr)に関しては、追加コンポーネントをインストールしなくてはなりませんが、

dnako.dll / cnako.exe / plug-ins に関しては、何もインストールしなくてもコンパイルできると思います。

vnako.exe では、リポジトリの、component 以下のいくつかのディレクトリに検索パスを通す必要があります。

無料の Turbo Delphi について

配布終了につき、書籍に付属のCD-ROMからの入手などの方法があります。

 

コンポーネント

Turbo Delphi にみんなで移行中。コンポーネントは、できるだけ、インストールしない方針でいく。

Turbo Delphi の場合:

機能制限でコンポーネントがインストールできない?ようです。インストールしなくても、ユニットをリンクすることで、vnako / dnako / gnako / cnako のコンパイルはできるようになっています。

※現在のところ、まだ、nakopad に関しては、どうしてもコンポーネントのインストールが必要になっています。

以下、Delphi 7の場合:

現在、Delphi のコンポーネントで入手困難なものが増えています。そこで、可能な限りリポジトリに、コンポーネントを追加しています。

なでしこのリポジトリをダウンロードしたら、[component]ディレクトリにあるコンポーネントを、DelphiのIDEからインストールします。

  • TntUnicode\Package の中の任意のバージョンをダブルクリックでインストール
  • hedit251 以下の HEditReg.pas, HEditRegEx.pas をIDEからインストール
  • hedit251フォルダの以下の 複数の"*Fountain.pas"をIDEからインストール

これで大丈夫なはず