パフォーマンスモニタ適用について *

以下のようなコードで測定できます。

「全て」をパフォーマンスモニタ適用
●テスト関数とは
 2^2を表示
ここまで
ここまで

テスト関数する

●self参照とは
 引数[0]で戻る
ここまで
●パフォーマンスモニタ結果表示とは
 SELFはself参照
 結果集は『(function (self) {return self.__performance_monitor;})』を[SELF]でJS関数実行
 結果集を反復
  結果は結果集[対象キー]
   「{対象キー}:({結果["min_usec"]の整数部分}:{結果["max_usec"]の整数部分}){(結果["totel_usec"])の整数部分}/{結果["called"]の整数部分}={(結果["totel_usec"]/結果["called"])の整数部分}」を表示
 ここまで
ここまで

パフォーマンスモニタ結果表示

参考 *

Konawiki3 v.3.2.3