SQLITE3逐次取得 (SQLITE3ちくじしゅとく) *

カテゴリ

plugin_sqlite3 > SQLite3

種類

関数

引数

SQLをPARAMSで

説明

逐次実行構文内で、SQLとパラメータPARAMSでSQLを実行して結果を得る。

SQLITE3逐次取得』の詳しい解説 *

逐次実行構文内で、SQLとパラメータPARAMSでSQLを実行して結果を得る。実行結果は、変数『対象』に代入される。

利用例 *

!「nadesiko3-sqlite3」を取り込む。

# ここで使うSQL
SQL_C = 『CREATE TABLE IF NOT EXISTS tt(id INTEGER PRIMARY KEY, value INTEGER)』
SQL_I = 『INSERT INTO tt (value) VALUES (?)』
SQL_S = 『SELECT * FROM tt』

「test.sqlite3」をSQLITE3開く。
逐次実行
  先に、SQL_Cを[]でSQLITE3逐次実行。
  次に、SQL_Iを[30]でSQLITE3逐次実行。
  次に、SQL_Iを[50]でSQLITE3逐次実行。
  次に、SQL_Iを[70]でSQLITE3逐次実行。
  次に、SQL_Sを[]でSQLITE3逐次取得。
  次に、対象を表示。
ここまで。

関連 *

参考 *