PG逐次実行 (PGちくじじっこう) *

カテゴリ

plugin_postgresql > PostgreSQL

種類

関数

引数

SQLをPARAMSで

説明

逐次実行構文にて、SQLとパラメータPARAMSでSQLを実行し、変数『対象』に結果を得る。SELECT句以外を実行した時も情報が『対象』に入る。

PG逐次実行』の詳しい解説 *

逐次実行構文にて、SQLとパラメータPARAMSでSQLを実行し、変数『対象』に結果を得る。SELECT句以外を実行した時も情報が『対象』に入る。

!「nadesiko3-postgresql」を取り込む
CREATE=「CREATE TABLE tt (id BIGINT PRIMARY KEY,value BIGINT)」
INSERT=「INSERT INTO tt(id,value)VALUES($1,$2)」
SELECT=「SELECT * FROM tt WHERE id=$1」
DROP=「DROP TABLE tt」
「postgresql://postgres:hoge@localhost:5432/hoge」をPG開く。
逐次実行
  先に、CREATEを[]でPG逐次実行。
  次に、INSERTを[1,100]でPG逐次実行。
  次に、対象を表示。# INSERTの実行結果
  次に、INSERTを[2,200]でPG逐次実行。
  次に、INSERTを[3,300]でPG逐次実行。
  次に、SELECTを[2]でPG逐次実行。
  次に、対象[0]["value"]を表示。# 結果->200
  次に、DROPを[]でPG逐次実行。
  次に、PG閉じる。
ここまで。

参考 *