WEBサーバリダイレクト』の詳しい解説 *

URLにリダイレクトする

# 準備中

plugin_system - なでしこv3 プラグイン *

なでしこv3のプラグイン。

プラグインで使える命令の一覧 *

  • ナデシコバージョン --- 定数
  • ナデシコエンジン --- 定数
  • ナデシコ種類 --- 定数
  • はい --- 定数
  • いいえ --- 定数
  • オン --- 定数
  • オフ --- 定数
  • 改行 --- 定数
  • タブ --- 定数
  • カッコ --- 定数
  • カッコ閉 --- 定数
  • 波カッコ --- 定数
  • 波カッコ閉 --- 定数
  • OK --- 定数
  • NG --- 定数
  • PI --- 定数
  • --- 定数
  • NULL --- 定数
  • undefined --- 定数
  • エラーメッセージ --- 定数
  • 対象 --- 定数
  • 対象キー --- 定数
  • 回数 --- 定数
  • 空配列 --- 空の配列を返す
  • 表示 --- Sを表示
  • 表示ログ --- 定数
  • 表示ログクリア --- 表示ログを空にする
  • --- Sを表示
  • --- AとBを足す
  • --- AからBを引く
  • --- AにBを掛ける
  • --- AのB倍を求める
  • --- AをBで割る
  • 割余 --- AをBで割った余りを求める
  • 以上 --- AがB以上か
  • 以下 --- AがB以下か
  • 未満 --- AがB未満か
  • --- AがB超か
  • --- AがBと等しいか
  • JS実行 --- JavaScriptのコードSRCを実行する(変数sysでなでしこシステムを参照できる)
  • JSオブジェクト取得 --- なでしこで定義した関数や変数nameのJavaScriptオブジェクトを取得する
  • ナデシコ --- なでしこのコードSを実行する
  • ナデシコ続 --- なでしこのコードSを実行する
  • 変数型確認 --- 変数Vの型を返す
  • TYPEOF --- 変数Vの型を返す
  • 文字列変換 --- 値Vを文字列に変換
  • TOSTR --- 値Vを文字列に変換
  • 整数変換 --- 値Vを整数に変換
  • TOINT --- 値Vを整数に変換
  • 実数変換 --- 値Vを実数に変換
  • TOFLOAT --- 値Vを実数に変換
  • INT --- 値Vを整数に変換
  • FLOAT --- 値Vを実数に変換
  • HEX --- 値Vを16進数に変換
  • SIN --- ラジアン単位VのSINを求める
  • COS --- ラジアン単位VのCOSを求める
  • TAN --- ラジアン単位VのTANを求める
  • ARCSIN --- ラジアン単位VのARCSINを求める
  • ARCCOS --- ラジアン単位VのARCCOSを求める
  • ARCTAN --- ラジアン単位VのARCTANを求める
  • RAD2DEG --- ラジアンから度に変換
  • DEG2RAD --- 度からラジアンに変換
  • 度変換 --- ラジアンから度に変換
  • ラジアン変換 --- 度からラジアンに変換
  • SIGN --- Vが0なら0を、0超なら1を、0未満なら-1を返す
  • ABS --- Vの絶対値を返す
  • EXP --- e(自然対数の底)の A 乗の値を返す
  • HYPOT --- 直角三角形の二辺の長さA,Bから斜辺を求めて返す。
  • LN --- 実数式 A の自然対数(Ln(A) = 1)を返す
  • LOG --- Aの自然対数(底はE)を返す
  • LOGN --- 指定された底AでBの対数を計算して返す
  • FRAC --- 実数Aの小数部分を返す
  • 乱数 --- 0から(A-1)までの乱数を返す
  • SQRT --- Aの平方根を返す
  • 平方根 --- Aの平方根を返す
  • RGB --- HTML用のカラーコードを返すRGB(R,G,B)で各値は0-255
  • ROUND --- 実数型の値Vを丸めてもっとも近い整数値を返す
  • 四捨五入 --- 実数型の値Vを丸めてもっとも近い整数値を返す
  • CEIL --- 数値を正の無限大方向へ切り上げて返す。
  • 切上 --- 数値を正の無限大方向へ切り上げて返す。
  • FLOOR --- 数値を負の無限大方向へ切り下げて返す。
  • 切捨 --- 数値を負の無限大方向へ切り下げて返す。
  • 論理OR --- (ビット演算で)AとBの論理和を返す(v1非互換)。
  • 論理AND --- (ビット演算で)AとBの論理積を返す(v1非互換)。日本語の「AかつB」に相当する
  • 論理NOT --- 値Vが0ならば1、それ以外ならば0を返す(v1非互換)
  • OR --- (ビット演算で)AとBの論理和を返す。
  • AND --- (ビット演算で)AとBの論理積を返す。日本語の「AかつB」に相当する
  • XOR --- (ビット演算で)AとBの排他的論理和を返す。
  • NOT --- (ビット演算で)vの各ビットを反転して返す。
  • SHIFT_L --- VをAビット左へシフトして返す
  • SHIFT_R --- VをAビット右へシフトして返す(符号を維持する)
  • SHIFT_UR --- VをAビット右へシフトして返す(符号を維持しない、0で埋める)
  • 文字数 --- 文字列Vの文字数を返す
  • 何文字目 --- 文字列SでAが何文字目にあるか調べて返す
  • CHR --- 文字コードから文字を返す
  • ASC --- 文字列Vの最初の文字の文字コードを返す
  • 文字挿入 --- 文字列SのI文字目に文字列Aを挿入する
  • 文字検索 --- 文字列Sで文字列Aが何文字目にあるか調べて返す
  • 追加 --- 文字列SにAを追加して返す(v1非互換)
  • 一行追加 --- 文字列SにAと改行を追加して返す(v1非互換)
  • 文字列分解 --- 文字列Vを一文字ずつに分解して返す
  • リフレイン --- 文字列VをCNT回繰り返す(v1非互換)
  • 出現回数 --- 文字列SにAが何回出現するか数える
  • MID --- 文字列SのA文字目からCNT文字を抽出する
  • 文字抜出 --- 文字列SのA文字目からCNT文字を抽出する
  • LEFT --- 文字列Sの左端からCNT文字を抽出する
  • 文字左部分 --- 文字列Sの左端からCNT文字を抽出する
  • RIGHT --- 文字列Sの右端からCNT文字を抽出する
  • 文字右部分 --- 文字列Sの右端からCNT文字を抽出する
  • 区切 --- 文字列Sを区切り文字Aで区切って配列で返す
  • 切取 --- 文字列Sから文字列Aまでの部分を抽出する(v1非互換)
  • 文字削除 --- 文字列SのA文字目からB文字分を削除して返す
  • 置換 --- 文字列Sのうち文字列AをBに全部置換して返す
  • 単置換 --- 文字列Sのうち、最初に出現するAだけをBに置換して返す
  • トリム --- 文字列Sの前後にある空白を削除する
  • 空白除去 --- 文字列Sの前後にある空白を削除する
  • 大文字変換 --- アルファベットの文字列Sを大文字に変換
  • 小文字変換 --- アルファベットの文字列Sを小文字に変換
  • 平仮名変換 --- 文字列Sのひらがなをカタカナに変換
  • カタカナ変換 --- 文字列Sのひらがなをカタカナに変換
  • JSONエンコード --- オブジェクトVをJSON形式にエンコードして返す
  • JSONエンコード整形 --- オブジェクトVをJSON形式にエンコードして整形して返す
  • JSONデコード --- JSON文字列Sをオブジェクトにデコードして返す
  • 正規表現マッチ --- 文字列Aを正規表現パターンBでマッチして結果を返す(パターンBは「/pat/opt」の形式で指定。optにgの指定がなければ部分マッチが『抽出文字列』に入る)
  • 抽出文字列 --- 定数
  • 正規表現置換 --- 文字列Sの正規表現パターンAをBに置換して結果を返す(パターンAは/pat/optで指定)
  • 正規表現区切 --- 文字列Sを正規表現パターンAで区切って配列で返す(パターンAは/pat/optで指定)
  • 通貨形式 --- 数値Vを三桁ごとにカンマで区切る
  • ゼロ埋 --- 数値VをA桁の0で埋める
  • 空白埋 --- 文字列VをA桁の空白で埋める
  • かなか判定 --- 文字列Sの1文字目がひらがなか判定
  • カタカナ判定 --- 文字列Sの1文字目がカタカナか判定
  • 数字判定 --- 文字列Sの1文字目が数字か判定
  • 数列判定 --- 文字列S全部が数字か判定
  • 配列結合 --- 配列Aを文字列Sでつなげて文字列で返す
  • 配列検索 --- 配列Aから文字列Sを探してインデックス番号(0起点)を返す。見つからなければ-1を返す。
  • 配列要素数 --- 配列Aの要素数を返す
  • 要素数 --- 配列Aの要素数を返す
  • 配列挿入 --- 配列AのI番目(0起点)に要素Sを追加して返す(v1非互換)
  • 配列一括挿入 --- 配列AのI番目(0起点)に配列bを追加して返す(v1非互換)
  • 配列ソート --- 配列Aをソートして返す(A自体を変更)
  • 配列数値ソート --- 配列Aをソートして返す(A自体を変更)
  • 配列カスタムソート --- 関数Fで配列Aをソートして返す(引数A自体を変更)
  • 配列逆順 --- 配列Aを逆にして返す。Aを書き換える(A自体を変更)。
  • 配列シャッフル --- 配列Aをシャッフルして返す。Aを書き換える
  • 配列切取 --- 配列AのI番目(0起点)の要素を切り取って返す。Aの内容を書き換える。
  • 配列取出 --- 配列AのI番目(0起点)からCNT個の応訴を取り出して返す。Aの内容を書き換える
  • 配列ポップ --- 配列Aの末尾を取り出して返す。Aの内容を書き換える。
  • 配列追加 --- 配列Aの末尾にBを追加して返す。Aの内容を書き換える。
  • ハッシュキー列挙 --- ハッシュAのキー一覧を配列で返す。
  • ハッシュ内容列挙 --- ハッシュAの内容一覧を配列で返す。
  • ハッシュキー削除 --- ハッシュAからキーKEYを削除して返す。
  • --- 現在時刻を「HH:mm:ss」の形式で返す
  • システム時間 --- 現在のUNIX時間 (UTC(1970/1/1)からの経過秒数) を返す
  • 今日 --- 今日の日付を「YYYY/MM/DD」の形式で返す
  • 今年 --- 今年の西暦を返す
  • 今月 --- 今月を返す(v1非互換)
  • 曜日 --- 日付Sの曜日を返す
  • UNIX時間変換 --- 日時SをUNIX時間 (UTC(1970/1/1)からの経過秒数) に変換して返す(v1非互換)
  • UNIXTIME変換 --- 日時SをUNIX時間 (UTC(1970/1/1)からの経過秒数) に変換して返す
  • 日時変換 --- UNIX時間 (UTC(1970/1/1)からの経過秒数) を「YYYY/MM/DD HH:mm:ss」の形式に変換
  • 実行 --- 無名関数(あるいは、文字列で関数名を指定)Fを実行する(Fが関数でなければ無視する)
  • 秒後 --- 無名関数(あるいは、文字列で関数名を指定)FをN秒後に実行する
  • 秒毎 --- 無名関数(あるいは、文字列で関数名を指定)FをN秒ごとに実行する
  • エラー発生 --- 故意にエラーSを発生させる
  • プラグイン一覧取得 --- 利用中のプラグイン一覧を得る
  • モジュール一覧取得 --- 取り込んだモジュール一覧を得る
  • タイムゾーン設定 --- タイムゾーンTをセットする(v1非互換)(タイムゾーンの一覧は https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_tz_database_time_zon.. 参照)

参考 *

plugin_browser - なでしこv3 プラグイン *

なでしこv3のプラグイン。

プラグインで使える命令の一覧 *

参考 *

plugin_turtle - なでしこv3 プラグイン *

なでしこv3のプラグイン。

プラグインで使える命令の一覧 *

参考 *

plugin_node - なでしこv3 プラグイン *

なでしこv3のプラグイン。

プラグインで使える命令の一覧 *

参考 *

plugin_express - なでしこv3 プラグイン *

なでしこv3のプラグイン。

プラグインで使える命令の一覧 *

参考 *