概要

テストがひとつ成功したことにする。引数で指定した関数の実行結果を、強制的にテスト成功と判定させる。

表記:(対象となる関数)のテスト成功

引数:対象となる関数 (引数も指定する)

戻り値:対象となる関数の実行結果

サンプル

#テスト成功を実験する

(1と2を加算テスト)のテスト成功
テスト結果取得
それを表示

●加算テスト(Aと、Bを)
	AにBを足す
	それで戻る

実行結果

all=1
ng=0
ok=1

関連

テスト失敗